読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままににこまき

にこまき厨がポケモンとかについて語ります

【SMシーズン2 最高2006】ニンフ入りスタン 【構築記事】

こんにちは。最近にこまき同人誌を買うようになったアグです。

S2でレート2000を達成することが出来たので簡単に構築を紹介しようと思います。

 

 f:id:Agnikomaki:20170321223354p:image

 

【構築紹介】 

 

ニンフィア@せいれいプレート  ひかえめ

 

C252 H140 B116

 

 ハイパーボイス/でんこうせっか/シャドーボール/めざめるパワー岩

 

初手にガブ、マンムーリザードンが出てきそうなときに初手でなげました。ガブ、マンムーがステロをまいてきたらニンフィアが無傷で突破し、殴ってきたら相手にステロをまかせずに突破できます。最初は襷CSで使用していましたが、S振りがいきることがまったくなく、またマンムーをハイボ+石火で落とすことが出来ず相手のじしん+つぶてで落ちてしまっていたので、耐久に振り、火力アップのためのプレートを持たせました。物理耐久は補正なしAぶっぱのマンダのすてみタックルを最高乱数切り耐えくらいです。普段調整をしないので、もっといい振り方があるかもしれないです。

ハイパーボイスで無振りのテテフが落ちなかったり抜群を取れなかった時の火力が足りないなと思うこともあったので シャドーボールはかいこうせんにして最高火力をあげるのもありかなと思いました。

 

 

カプコケコ@こだわりメガネ  臆病

 

C252  S252  B4

 

10まんボルト/ボルトチェンジ/マジカルシャイン/とんぼがえり

 

電気無効枠がいない時くらいにしか出しませんでした。S1でとても使いやすかったので同じ型を採用しましたが、環境にまるで刺さっていなくて、使うにしてもでんきZとかを持たせた方がいいと思いました。

 

 

 

ドリュウズ@こだわりスカーフ  いじっぱり

 

A252  S252  D4

 

じしん/アイアンヘッド/いわなだれ/つのドリル

 

無限の勝ち筋を持った最強ポケモン

カプテテフ、ミミッキュ、ポリゴン2がいる時、相手が受けループを使っている時などに選出しました。つのドリルをよく当ててくれたのでとても優秀な子でした。

 

 

 

ゲッコウガ@みずZ  おくびょう

 

C252  S252  B4

 

ハイドロカノン/みずしゅりけん/れいとうビーム/あくのはどう

 

マンダ軸、カババンギ展開、その他たくさん選出しました。

カバ、バンギはゲッコウガ対面だと突っ張ってステロをまくなど仕事をしてこようとするので、そこにみずZが刺さり、何もさせずに突破することができます。また、ウルガモスバシャーモギルガルドにもみずZは刺さりました。

あくのはどうは、クレセリアとみずZを打ったあとのグロス、ガルドくらいにしか使わなかったので、このポケモンをよく出すマンダ軸の苦手なポケモンであるレヒレ意識のダストシュートやナット意識のめざめるパワー炎など変えた方がいいかもしれないです。

 

 

 

パルシェン@きあいのタスキ  いじっぱり

 

A252  S252  B4

 

からをやぶる/つららばり/ロックブラスト/シェルブレード

 

殻を破れば全抜きいけるなと思った時や、相手の積みアタッカーのストッパーが欲しい時に選出しました。

主にカプテテフ相手で殻を破り、そのまま先制技無効で全抜きすることが多かったです。シェルブレードはヒードランやバシャ、はがねタイプに打ちますが、あまり打つ機会はなく、氷のつぶてに変えたほうがいいと思いました。

 

 

リザードン@リザードナイトY

 

C252  S252  B4

 

オーバーヒート/かえんほうしゃ/ソーラービーム/エアスラッシュ

 

メガ枠。ナットレイがいる時によく選出しました。晴れオバヒの超火力に魅了され使いました。ナットレイリザ対面でマンダに引かれることが多かったので、ニトチャめざ氷などを炎技やエアスラッシュと変えてもいいと思いました。

 

 

パーティの使用感は高速アタッカーポケモンや先制技持ちのポケモンでかためて、上から殴って後ろのポケモンの圏内に入れる対面構築に似た感じでした。環境にステロ持ちが多く、パルとリザがいることもあり、初手ステロまきポケモン読みだし勝ちが決まることが多く、そのだし勝ちが勝ちに直結することが多くありました。

ただ、ガルーラ軸がとてつもなく重く、マンダ軸やリザードン軸、受けループとよく当たる時期に2000に乗せましたが、しばらくして潜るとガルーラ軸に当たりまくってレートが1800まで落ちてしまったので、まだまだ改善の余地がある欠陥構築だなと思いました。

あと、以前ニンフハッサム軸でサンムーンも頑張ると言っていましたが、シーズン1ではニンフィアがハイボを覚えておらず、シーズン2では炎やテテフ大量発生でハッサムを使いこなすことが出来ずニンフハッサム軸を使うことができませんでした。今回のパーティでは真姫ちゃん要素がパル(Pile)というかなり無理がある感じなのでシーズン3ではニンフハッサムを模索していこうと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。f:id:Agnikomaki:20170321220505j:image

 

【s17最高2075 最終1851】無メガサイクル〜にこまきニンフハッサム軸〜【構築記事】

こんにちは、アグです。

s17お疲れ様でした。

今回は最高レートが2075で、最終レートが1851でした。最終日に2075に到達した後、苦手なひみつのちからガルーラやクレセドランにめちゃくちゃ当たり、200も下がってしまいました。

 まあでも、このORAS最終シーズンで目標であった2000越えを達成したので構築を紹介しようと思います。

 

〇パーティ紹介 

f:id:Agnikomaki:20160915184801p:plain

このパーティはORASを始めたとき、僕が溺愛するラブライブ!にこまきにちなんだパーティを作りたいと思ったのがキッカケでした。ニンフィア(にこ)とハッサム(まき)を固定し色々試してみた結果、ニンフハッサムバシャロトムの並びが非常に使いやすかったので、そこにハッサムと相性が良く、選出誘導力の強いカバカイリューを加えることで、選出を読み、有利対面でサイクルを回していくという今のパーティが完成しました。前シーズンでは1947まで行ったので、型を少し改良して今シーズンでも使ってみました。

 

この改良の際に、メガハッサムとして使っていたハッサムを、メガにする恩恵をあまり感じず、役割があまり持てずにいてたので、ラムにして役割持たせた方がいいじゃん!と考え、ラムハッサムにし、バシャーモはいのちのたまで気に入っていたし、この6体を崩す気にもならなかったのでもうメガ進化なしでいいやっていう大雑把な考えからメガ進化なしの今の構築になりました。

 

 

〇個別紹介

 

 

カバルドン@ゴツゴツメット

性格:わんぱく   特性:すなおこし

努力値:HB252 A4

技:地震 なまける 毒々 吠える

 

ガルーラ、バシャーモ、マンダ、クチートなど物理アタッカーがいる時やヒトムや低火力高耐久ポケモン、クレセドランがいる時に選出しました。

クレセドランや高耐久ポケモンの突破方法がロトムハイドロポンプ連続当てくらいしかなかったので、耐久ポケモンに強くなれる毒々、なまけるを採用し、積みポケにも弱かったので吠えるを採用しました。

 

 

 

カイリュー@こだわり鉢巻

性格:いじっぱり   特性:マルチスケイル

努力値:H198 A228 B4 D20 S60

技:げきりん しんそく 地震 炎のパンチ

 

よくいる鉢巻カイリュー

ウルがモス、リザードンフシギバナなどがいる時や、ドラゴンの通りがめちゃめちゃいい時に選出した。

あまりうまく使いこなすことができなかったので選出率は1番低いが、 うまく使えた時は凄まじい突破力を持っていたのでとても可能性を感じたポケモン。練習してまた使いたいです。

 

 

 

ニンフィア@こだわりスカーフ

性格:臆病   特性:フェアリースキン

努力値:C252 S248 B8

技:ハイパーボイス 破壊光線 シャドーボール めざめるパワー岩

 

このパーティのMVP。最速113属まで抜けます。

とてつもない奇襲性能を秘めており、少し削れたこのポケモンを倒そうと出てくるアタッカーを返り討ちにしてくれたり、二回殴れば突破できると思って居座ってきたり、とりあえずボルトチェンジを打ってくる相手に上からハイパーボイスを打つことでかなりの負荷をかけることができました。とても相手依存なこのパーティにおいて、選出負けした場合でもとんぼるチェンからの破壊光線で選出負けをなかったことにすることができるこのポケモンは神でした。

また、めざパ岩はきついリザードン、アロー、ウルがモスに刺さって非常に使いやすかったです。特にリザードンはYはさることながら、Xの場合でもニンフィアと対面した時はメガせずに龍舞や剣舞を積んでくるのでとても刺さりました。

 シャドーボールギルガルドに打ちます。

 

 

 

ハッサム@ラムのみ

性格:いじっぱり   特性:テクニシャン

努力値:H238 A252 B4 D12 S4

技:バレットパンチ 蜻蛉返り おいうち 馬鹿力

 

Hを16n-1まで振ったよくいるHAハッサム。 

キノガッサニンフィアサーナイトなどのフェアリー、ゲンガーがいる時に選出しました。

 

ゲンガー絶対殺すマン。相手がメガゲンガーを出してくれた場合、このポケモンをヘドロ爆弾を読んで後出しします。そして、カバカイリューハッサムを偽装しているので鬼火を持っている場合、ゲンガーはラムを警戒せずに迷わず鬼火をうってきます。そこをおいうち+バレパンで処理をします。このバレパンとおいうちで択が発生するのですが引いていくゲンガーは少なかったです。ゲンガーを処理した後はニンフィアロトムの高火力のゴリ押しでだいたい勝てます。ただしHSメガゲンガーはおいうち+バレットパンチで乱数で耐えるので、おいうち+バレパン+バレパンで処理する必要があります。そのため、はたきおとすにかえようか悩んだが、ゲンガーに逃げられたくなかったのでおいうちにしました。サイクル戦で逃げるポケモンにおいうちをすることで後出しができないHPまで削るなど役立つ場面もあったのでおいうちにして良かったと思います。

 

馬鹿力は炎技のないガルーラやルカリオナットレイに対する打点、ヒードラン交換よみなどで使いました。

 

 

 

バシャーモ@いのちのたま

 性格:無邪気    特性:加速

努力値:C244 S244 A20

技:馬鹿力 オーバーヒート めざめるパワー氷 まもる

 

Sは準速ランド抜き、CはD4振りガブリアスがめざ氷で最高乱数で耐えまで振って残りをAに振っています。

モロバレル、ポリクチ、ギルガルドがいる時に選出しました。

 めざ氷を搭載することでバシャーモの役割対象が爆発的に広がり、バシャーモだけで3体突破する試合もざらにありました。Sに振りすぎている気がするので、もう少しAに回したほうがいいかもしれません。

 

 

ロトム@こだわり眼鏡

性格:ひかえめ   特性:ふゆう

努力値:HC252 D4

技:10万ボルト ボルトチェンジ ハイドロポンプ トリック

HCぶっぱ、ダウンロード対策に残りをDに振った。

選出率No.1。ゲッコウガマリルリスイクン、アローがいる時、クレセドランがいる時、電気の通りがまあまあいい時に選出しました。高火力ボルトチェンジで削りを入れて有利対面を維持する事は単純に強かったです。

ヒトムやみがわりドランが辛く、スイクンを上から殴りたい場面が多かったのでHを削ってSにもっと降った方がいいです。

 

〇選出パターン

対面構築相手の時は、だいたいボルトスイクン+メガ枠で選出されていたので、ニンフハッサムロトムを投げました。メガ枠がゲンガーの時は、ハッサムでゲンガーを突破して、ボルトロスニンフィアで、スイクンはミトムで突破します。

ガルーラの場合は、ハッサムを捨て気味に使い、バレパンや馬鹿力でガルーラのHPを削り、ニンフィアハイパーボイスや破壊光線で強引に突破します。突破した後、だいたいスイクンが瞑想を積んでくるのでロトムに交代して眼鏡10万ボルトでわからせます。しかし、破壊光線での突破はかなりリスキーで、スイクンボルトロス以外が出てきた時は負けるのであまり使いたくはないです。

また、ガブリアスが鉢巻の時はだいたい初手でガブリアスが出てくるので居座ってきたところをニンフィアハイパーボイスでわからせました。

バシャの枠がアローの時はハッサムカバロトムを投げます。

ガルガブゲンのゲンガーを出したくなるようなパーティだと思っていたので、誘ったゲンガーを、ハッサムで処理するという流れを思い描いていましたが、実際は秘密の力や冷凍ビームを搭載したガルーラもポンポン出てきて 、最終日にいたってはガルーラしか出てこなかったです。そのため、ゲンガー対策で選出したハッサムが腐る場面が多く、かといってゲンガーも重めなので選出しないわけにもいかなかったのでかなり辛かったです。

ですが、ゲンガーを出してくれた時の勝率はかなりのものでしたので、ゲンガーをもっと誘うパーティにしたらさらに勝率も上がると思いました。

 

他のパーティ相手には基本選出はなく、相手のポケモンに合わせて6体の中から個別紹介で書いた出したくなる相手を参考に3体選出します。

 

 〇最後に

まさか自分が2000に到達することができるとは思っていなかったので、最終シーズンで到達することができ、本当に嬉しかったです。対戦してくださった皆さま、ありがとうございました。

サンムーンでもニンフハッサム軸を使い、今回以上の結果を残せるように頑張ります。

 

拙い文章でしたが、ここまで読んで下さりありがとうございました!